シロアリが人体やペットにどのような影響を及ぼすのか徹底解説します。

MENU
  • 健康被害
  • 建物被害
  • コスパに優れたDIY対策
  • プロ業者による確実な駆除

人体への影響は?ペットは大丈夫?~シロアリの危険性

シロアリが人体やペットを及ぼす悪影響について紹介したいと思います。特に注意が必要なのはシロアリ被害によるカビの発生と、除去剤によるアレルギー症状です。

シロアリが及ぼす影響

 

シロアリは家を食べてしまうことで有名な害虫です。

 

大切な家がシロアリに食い荒らされてしまったら、莫大な被害額が発生するばかりか、家そのものの価値を下げてしまう恐れもあります。

 

しかし、シロアリがもたらす危険性は家に対する被害だけに留まりません。

 

人体やペットへの悪影響もあるため、シロアリは非常に危険な害虫であり、もしも、自宅にシロアリが居るかもしれないと感じるのなら、どれだけ危険な状態か予め認識しておく必要があります。

 

シロアリが人間やペットに対してどのような悪影響を与えるのがご紹介したいと思います。

 

 

危険その1!シロアリに噛まれる

 

シロアリそのものが人体やペットへ悪影響を与えることは無いと考えて良いですが、直接触れてしまった場合はシロアリに噛まれる危険があるので注意が必要です。

 

毒性がある訳なので噛まれたらすごく痛いというだけですが、あまり気分の良いものでは無いでしょう。ペットも同様で、シロアリに噛まれてしまう危険があるので注意してください。

 

なお、シロアリは膨大な数が繁殖しているので、運悪く巣穴に指などを入れてしまうと非常に危険ですので、見かけたら噛まれないように注意しながら駆除を行うようにしましょう。

 

 

 

シロアリによるカビ被害

 

シロアリはガラスと陶器以外はなんでも食べてしまうと言われています。

 

家の要となる大黒柱のような木材はもちろん、壁の間にある断熱材やコンクリートもシロアリにとってはエサなのです。床下や天井裏、壁の中を始めとしてタンスや本棚の中に巣が作られたケースも報告されています。

 

カビのイメージ画像

そうなると問題になるのがカビ被害です。

 

ただでさえ湿気が多い場所を好むシロアリですが、食害によって出来た「隙間」や「穴」が更にカビを繁殖させる手助けをしてしまうのです。

 

このカビが原因で人体やペットに悪い影響が出てしまい、小児や高齢者は特に肺炎等を患ってしまう可能性が高まります。

 

また、ペットもカビの影響を受けやすく、多分なカビを吸引してしまいアレルギー症状を引き起こすことがあります。

 

不自然に一部だけ湿気を帯びている場合は、そこがシロアリの通り道、あるいは分巣になっている恐れがあります。

 

畳の裏や床下、天井裏などに被害が無いか調査するのがシロアリ被害の防止に繋がるでしょう。

 

大切な家族やペットがカビの影響を受けて病気にならないように警戒することを怠ってはいけません

 

 

 

シロアリ除去剤によるアレルギー症状も

 

厄介なことに、シロアリを駆除する除去用薬剤には人体やペットにアレルギー症状を発生させる成分が含まれています。

 

業者によっては天然由来の成分を使用していることもありますが、多くの業者が強い除去用薬剤を使用しているのです。

 

これによって引き起こされる人体やペットへの悪影響にアレルギー症状があり、万が一ノドの痛みや頭痛、倦怠感やくしゃみなどのシックハウス症候群が出たらアレルギー症状を疑いましょう。

 

特に室内に居るペットは除去剤の影響を受け続けるので非常に重い負担が掛かります。
言葉を喋れないペットのためにも、健康状態は常に確認するようにしてください。

 

シロアリの駆除を行う時は業者にどのような除去剤を使用するのか確認しておき、個人で対応を行うのなら、薬剤の影響についてしっかりと知識を得てから行うよう心がけましょう。

 

 

 

耐震性能が下がる危険性

 

シロアリは家の基礎となる部分も食い荒らしてしまう害虫であり、最も問題になるのが耐震性能の低下です。

 

古い木造建ての家は、元々の耐震性能が低いので、シロアリ被害は倒壊の恐れも招く非常に危険なものと考えなければいけません。

 

日本は地震が非常に多い土地柄なため、耐震性能の低下は命取りになる恐れがあるのです。

 

今はまだシロアリ被害が出ていなくても、大切な命を守るにはシロアリに家を食い荒らされないための対策を予め練っておく事が望ましいです。

 

ペットや愛する家族が幸せに暮らしていけるように、シロアリの影響による危険性を理解しておきましょう。

 

シロアリによって起こる建物への影響